web制作・サイト売買

フリー素材サイトの作り方!初めて作るワードプレスでのフリー素材サイト

昨今フリー(無料)素材サイトを作りたい人が増えているようです。

フリー素材サイトは、クリエイターの作った作品そのものでお金を稼ぐのではなく、口コミやSEOで人を集めて広告収入でお金を稼ぐことがメインだったり、フリー素材を提供することで、自分の作品を広めたい!という人がやる事が多いです。

定期的に素材更新をする必要はありますが、記録として、イラストを残しておくことができることが魅力です。

日本で一番有名なフリー素材サイトはいらすとやさんですね。

今回は、そんなフリー素材サイトの作り方や基礎的な考えを解説いたします。

私も実際にフリーイラスト素材サイトを作っていますので、是非チェックしてみてください。

ダウンロードカフェはこちら

私がフリー素材サイトを開設したきっかけ

私がフリー素材サイトをこの度立ち上げたきっかけですが、元々私は、アフィリエイトサイトや、ミニサイト作りをしていました。

それと同時に、Kindle小説、イラストや漫画も趣味半分、お小遣い稼ぎ半分でやっていたのですが、以前から「自分の作ったものを配布or販売してみたい」という思いがありました。

始めたのがダウンロードカフェというフリー素材サイトの運営でした。

今はフリーイラストサイトにしていますが、今後もっと素材を追加していきたいと考えています。

実は、私はイラストACにも素材を投稿していますが、イラストACは非常に審査が厳しく、自分がイラストを投稿しても、なぜか審査落ちしてしまうことがよくあります。

そして、タグがふさわしくない、素材としてふさわしくない、という理由でなぜか非公開で公開されないということが結構あって(審査が結構厳しくなってしまったみたい)さらに、以著作権の譲渡が引っかかってしました。

また、ポートフォリオとしての使い道もありますし、こういうイラスト描けますよ、と簡単に見てもらうことができるのもサイトを立ち上げた理由になります。

ダウンロードカフェはこちら

フリー素材サイトの作り方

ちなみに、私自身はホームページ制作においてプログラミングの知識はないのですが、WordPressでアフィリエイトサイトを立ち上げ、売却も行っているので、通常のブログならすぐに立ち上げることができます。

ただし、SEO以外で集客をしたことがないので、イラスト素材サイトを作るのは初めてです。

ですが、これまでの知識と経験を総動員し、作ってみることにしました。

あなたが一番好きで得意なテーマを選ぶこと

まずは、あなたが作りたい素材のテーマ(ジャンル)を明確にしましょう。

イラストレーターの方は絵と決まっていると思いますが、ここで大事なのはさらに細かくターゲッティングをすることです。

汎用的な素材サイトは、いらすとやさんなど、大手のサイトには絶対に勝てませんので、個人の素材サイトの強みを出すことがおすすめです。

企業が運営し大勢のクリエイターが登録しているか長い時間をかけて素材を増やしてきた有名サイトと同じようなジャンルややり方では、個人のサイトでは勝ち目がありません。

これから個人で素材サイトを作る場合は「特化型素材サイト」が有効です。

私は、女の子の絵や、女性のイラストレーターが好きということもあって、「女性イラスト特化」にしています。

特に、アニメ絵などの可愛らしいイラストについては優良であることが多いですし、ニコニコフリーアイコン、有料のココナラアイコンを使うしかなかったので、そういったイラストが無料であればいいのにな…と思った次第です。

やっぱり、自分が一番得意で楽しいテーマにフォーカスしたほうが、続きやすいです。

それに、特化した方があなたの色が出てファンを作りやすいです。

どういった形で、収益化するのか考える

フリー素材サイトを収益化する上で重要なのは広告です。

イラストACでも掲載されていますが、その中で最も有名なものが、Google アドセンスになります。

無料でダウンロードしてもらうサイトについては、無料になるので、収益はそのままだと発生しません。

このため、クリック型の広告などをサイトに張り、人を集めることで広告収入が発生します。

わずかになりますが、PV数(サイトが見られる数)がダイレクトに広告収益に影響します。

具体的には、検索エンジンの上位に掲載されればされるほど収入が増えるのですが、その他にも、有料素材を販売したり、「オリジナリティを出したい方は有料素材もご検討ください!」という形で、マネタイズをしていくようにしましょう。

貴方のサイトが順調に育ち、作品そのものにブランド性が生まれたら、いよいよサイト経由で制作依頼が来るようになったりします。

タグや管理をしっかりとすること

個人の無料素材サイトにした場合には、タグの管理に悩まされる方は多いみたいです。

特に、ユーザーが求める単語でヒットしないと困るし、サイト内で検索ができないようでは困ります。

イラストACをはじめプラットフォームサイトの運営の場合、個人サイトとは違い、WordPressのテーマは使われていないですが、タグ付や検索、ユーザーが回遊しやすい作りになっていると思います。

とにかく素材数を増やすこと

無料素材サイトを作ろうと考えたときに、他にも素材サイトはあるのかな、とチェックをしたのですが大規模なサイトはそれほどありませんでした。(イラスト)

皆さん、収益にならないのか途中で更新を止めてしまっていたり、素材数が極端に少なかったりと、そのサイトでダウンロードするメリットが見当たらないものが多かったです。

Google画像検索で見たときに「無料」「フリー」という単語が見えるようにするのはもちろんですが、素材をどんどん投入していって、サイトを強くすることは大切です。

アクセスを増やしていく努力をするべきなのです。

WordPressで静的なサイトから作る

まずは、WordPressの場合でも静的なサイトから作る事をお勧めします。

自分でカスタマイズしなくても、有料のテンプレートを使えば、少々のカスタマイズで、フリー素材サイトが作成可能です。

コーディングができたとしても分かりづらいですし、カスタマイズに時間がかかります。

有料テーマの方がレスポンシブ対応されているし、簡単にサイトを作れるので、おすすめです。

WP テーマ 【ザ・トール】なんかで作ってみると良いと思います。

素材サイトは簡単なデザインでも問題はないと思います。

利用規約をしっかりと明記しておくこと

利用規約とは、簡単に言えば「素材を利用する上でのルール」のことです。

素材サイトによっては、「利用規約」ではなく「ライセンス」と書かれていたり、「ご利用条件」、「ご利用について」となっているところもあります。

注意していただきたいのが、利用規約に書かれていることが1つでも守れない場合は、そのサイトの素材を使ってはいけない!ということですし、著作権を放棄したくない場合には、その旨も記載しておきましょう。

まとめ

このように、フリー素材サイトは、自分がイラストをやっているなら、ぜひ挑戦してもらいたいサイトです。

ですが、いろいろ挙げましたが、サイトを立ち上げて、とにかく点数を増やしていくことをしないと始まりません。

イラストACへの投稿もそうですが、フリー素材サイトがあれば、別で収入を伸ばすことができますし、大手のサイトに依存しません。

WordPressを使うことをオススメしますが、こちらもネットで検索すれば情報がたくさんでてきますので、その通りに進めてみてください。

マイペースで頑張ってみてくださいね。

ダウンロードカフェはこちら

error: Content is protected !!