小説家

【KDP】AmazonKindle出版での印税(ロイヤリティ)売上はどのぐらい?

私は、Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)という、個人でKindle書籍を出版できるシステムを知り、コツコツ原稿を準備し、数冊の本を出版しています。

別名義で、合計現在複数冊出しています。

私は、ずっと小説家になりたいと思っていたので、夢がかなったことになります。

本を読むことや文を書くこと(あるいは漫画を描くこと)が好きな人にとっては、自分の本が世に出るということはとても嬉しいことです。

そこで今回は、Amazon出版のロイヤリティについてご紹介したいと思います。

初回30日間無料体験でUnlimitedを始める

電子書籍の価格による印税は?

Amazonに出版する電子書籍の魅力として、価格が自由につけられるという点があります。

くわしく説明すると、日本では99円~20000円で価格設定をおこなうことができます。

しかし、ここで重要なことは印税のパーセンテージが2種類あるので、それも選ぶことが出来ます。

AmazonKindle出版のパーセンテージは35%と70%の2種類があり、自分で設定することが可能です。

ロイヤリティを70%にする方法は?

Amazon出版で、70%の印税(ロイヤリティ)にするにはということですが、自分で設定をするだけですので簡単です!

まず1つ目として、KDPセレクトに登録することが必須となります。

  • KDPセレクト登録メリット
  1. 印税率70%にできる
  2. 2種類のキャンペーンを使用できる
  3. 様々な国への出版が可能
  4. 読まれたページ数も収益化できる
  5. 既読なら毎日のように収益化できる

私は、もちろん登録をしていますが、毎日のように収益が入りますので、こちらに登録をすることをおすすめします。

デメリットもご紹介したいと思います。

  • KDPセレクト登録デメリット
  1. Kindle Unlimited加入者は無料で読むことができてしまう
  2. 登録後90日間(自動更新)は独占販売の形となってしまう
  3. 販売価格が99円〜1250円の間でしか設定できなくなる
  4. KDPセレクトは90日間ごとに更新されるので勝手に更新されてしまう

Kindle出版は自由に価格を設定することが出来ますが、販売価格については、KDPセレクトにすると値段設定の範囲が決められています。

また、自由に無料でKindle Unlimitedの加入者は読むことができるので、本一冊購入する方が少なくなってしまうかもしれません。

これらのメリット・デメリットを理解した上で、KDPセレクトに登録してみてくださいね。

【売れる?】amazon kindleダイレクトパブリッシングで出版についての解説!2018年の出版市場規模は「1兆5,400億円(紙の書籍:1兆2921億円、電子書籍:2479億円)」と、まだまだ紙の市場が大きい状況と...

こちらにその他詳しくは掲載しています。

ロイヤリティはどのぐらいの金額?

Amazonでは、「獲得したロイヤリティ」の金額は、販売した書籍の印税のみで、これにKENPの配当金がプラスされることになります。

こちらの配当金がかなり大きいと感じています。

複数冊でも、稼ぐことができる1か月の収益は、5千円程度になります。

今後書籍をどんどん発売していくとさらに伸びていくことでしょう。

そして、現在では購入数自体が減少し、Kindle Unlimitedの読み放題サービスで読まれるという割合のほうが確実に増えているといわれています。

その結果、どれだけ読ませられるかのコンテンツ勝負といえますね。

なので、読まれたページ数に応じて配当金が得られるので、良いコンテンツであれば、今まで以上に印税を得られるようになりました。

例えば日本でのKindle Unlimited開始時は少しバブルのようになり、読まれたページ数が500万を超えた個人漫画家の方も何人もいました。

\初回30日間無料体験可能!/

 

AmazonKindle出版でロイヤリティを大きく増やすには

このように、最近では購入数が減少しており、読み放題で読む方が増えていることを考えると、漫画等は必然的に読まれるページ数が増えやすいので、稼ぎやすいコンテンツだと言えるでしょう。

そう考えると、文章のコンテンツであれば、適当に出版するのではなく、質の高いコンテンツだったり、あるいは誰もが知りたい情報、エンタメ要素の強い作品がおすすめです。

そして、丁寧に出版することが最終的にロイヤリティを最大化できることは間違いありません。

なぜかというと、本屋さんで売られる紙の書籍と違う、電子書籍のよい点は、自分で取り下げない限り、売り場から消えることがないですので、爆発的に売れることはなくても、うまくキーワード設定できていて、誰もが知りたい情報であり、優秀なコンテンツであれば、1年後も2年後も同じペースで収益を得られる可能性があります。

ライバル電子書籍の研究ができるのでKindleUnlimitedに登録をしよう

Kindle出版を継続的におこなっていると、どういった電子書籍が多く読まれているのか気になってきます。

そして、同じジャンルの電子書籍を出す際に、他のライバルの本をチェックしたくなると思います。

しかし、そのたびに電子書籍を直接購入していると非常にお金がかかります。

個人出版をおこなっている人は、ほとんどがKindle Unlimited対象本として出版しているので、Kindle Unlimitedに加入しておくことで大量に売れている電子書籍や同ジャンルのライバル電子書籍を毎月チェックすることができます。

ぜひ加入しておくことをおすすめします。

正直なところ、自分で出版することができる方であれば、KindleUnlimitedで自分の本をダウンロードして、確認がてら読んでいれば、それだけで元が取れてしまう仕組みになっているんですよね。

今後、改善されていく可能性はありそうですが、現状は特に問題がないのKindleUnlimited会員になっておいて損はありません。

初回30日間無料体験でUnlimitedを始める

まとめ

売れるのは月に数冊ですが、KENPの数字は毎日少しずつ積み重なっています。

そしてレポートを見るたびに、毎日だれかに読んでもらえているという喜びがあります。

出版してひと儲けしようという人にとっては、あまりにも少ない数字かもしれませんが、電子書籍の場合、自ら取り下げない限り、ずっとAmazonで残り続けますので、非常に良い印税になります。

ロイヤリティ70%に設定をして、読み放題に登録をしてみませんか?

まずは、そのためにも、自分がKindleUnlimitedに登録をしてみてくださいね。

\初回30日間無料体験可能!/