小説家

小説を添削してもらうべき?添削サービスのサイトまとめ

小説を書いたけれど、自信がないという方は結構多いのではないでしょうか。

個人で小説を出版した場合、編集者がいませんので、添削をしてもらいたい方は多いと思います。

そこで、こういった悩みに答える記事を書いてみました。

実は、小説を添削してくれるようなこういったサービスは色々とあります。

そこで、小説の添削サービスを利用するべきかどうかなどをチェックしていきたいと思います。

小説の添削サービス、添削をしてもらうべき?

私はKindle小説家として、作品を複数出しています。

ただ、小説を出す上で、「書くことが出来ない」という悩みはつきものですよね。

また、こんな悩みはないでしょうか?

「作品の感想がほしい」
「このエピソードやキャラクターについての率直な印象が知りたい」
「世界観設定にすごく凝ったが、この説明で初めて読んだ人にわかったか教えてほしい」

たしかに、小説投稿サイトなどでは、感想やいいねなどがもらえますが、そういったところではなく、たとえば添削サービスなどで、プロに添削してもらい、おかしい部分や技法などを教えてもらいたい方は多いのではないでしょうか。

これは、創作活動をする人なら比較的普遍的な欲求なのではないかと思います。

そういう状況に陥った創作者にとって、ものすごくありがたいサービスが添削サービスになります。

プレミアムエッセイ編集サービス・添削はこtこちら

おすすめの小説添削指導サービスにはどんなものがある?

小説を添削してくれるサービスにはタイプがあります。

  • 無料で小説投稿サイトに登録をする
  • クラウドソーシングサービス
  • 有料で添削サービスを利用する

まず、無料で小説投稿サイトに登録をして感想をもらうという方法がありますが、これは先程述べたものになります。

プロの添削指導とは毛色が違いますが、作品に寄せられるコメントからは貴重な「読者目線」を学べます。

それぞれのやり方や、おすすめサイトをご紹介します。

クラウドソーシングサービスで添削してもらう

次に、クラウドソーシングサービスについてご紹介します。

ココナラなどが、代表的なサイトですね。

「小説 添削」などで検索してみるといくつかの候補が見られると思います。

小説講座系にくらべて安価に頼めるメリットがあり、中にはプロ作家や編集者・下読み経験者などもいます。

ただ、非常にコスパが高そうですが、あくまで個人指導なのでサービスの質自体は運任せな部分が多そうです。

無料登録!ココナラで添削をしてもらえる人を探してみる!

有料の小説添削指導サービスを利用する

TopAdmitはアジアの最大級オンラインエッセイ編集サービスとして知られています。

【添削サービス】とは経験豊富なコンサルタントがお客様のエッセイに編集を行い、そして直接アドバイスをするサービスです。

【エッセイ編集】では文法、語彙選択の修正の上、ロジックや文章流れの改善をしながら、実績・人柄・魅力等ユーザーの思いを伝えて最高のエッセイを作り出すサービスとなります。

また、【エッセイ翻訳】のサービスは翻訳家と編集者の2段階の作業で、プロの翻訳家が翻訳を担当してくれたり、そのエッセイを欧米一流大学卒の経験豊富なネイティブ編集者が更にブラッシュアップするということなども行っています。

【文芸社】だったり、パレードブックスといった、自費出版専門や、自費出版で有名な出版社もあり、そちらに企画や原稿を持ち込んだり、担当編集者がアドバイスをしつつ書籍化・書店に並ぶデビュー方法です。

もしも、興味があるなら、まずは資料請求をしてみて編集や添削に悩んでいることを伝えてみると良いでしょう。

無料セミナーなども開催されていますので、どうせ小説家になりたいなら、つながっておくこともおすすめです。

自費出版でデビューした小説家
山田 悠介(『リアル鬼ごっこ』)

自費出版【パレードブックス】の資料請求の公式サイトはこちら

小説添削サービスのメリット

次に、小説添削指導サービスを利用するメリットについてまとめていきたいと思います。

小説添削指導サービスのメリットですが、代表的なものにこれらがあります。

  1. 自作を客観的に見られる
  2. 固定観念を壊せる
  3. モチベーションとスキルが上がる

自分で作品を読み返しているだけでは、どうしても書き手目線が残ってしまい、純粋な読者として作品を判断することができません。

添削指導サービスで客観的な意見を取り入れることで、自然と自分の中で「書き手」と「読者」の切り替えができるようになります。

人に作品を読んでもらう、しかもプロに、となると自然と気持ちも引き締まり、作品へ真剣に向き合うようになります。

無料で手軽に投稿できるサイトよりも、お金を払って利用するサービスで編集者がつくほうが、小説家として、やはりスキルアップすることができるでしょう。

まとめ

小説家になりたい方は、小説の編集サービス、添削サービスを求めておられませんか?

その場合、プロの編集者だったり、編集部とつながりを持つことで、自分以外のプロに視てもらうことが出来て、いち早く上達することが出来ます。

小説添削指導サービスの上手に使うことで、小説講座の一環(実習)となります。

自費出版を検討していなくても、自分になかった新しい考え方や手法を取り入れる事が出来たり、作家と編集者とでは、ずいぶんと物の見方が違うことが分かりますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

自費出版【パレードブックス】の資料請求の公式サイトはこちら